産後に必要なものって何? 必要なものをそろえて産後に備えよう!

産後は赤ちゃんの世話のために、必要なものがたくさんあります。しかし、ほ乳瓶やおむつなど、基本的なもの思い浮かんでも、ほかにはどんなものをそろえればいいのか分からない方も多いでしょう。

そこで、今回は産後にそろえておくべきものについてご紹介します。

  1. 産後の入院中に必要なものは?
  2. 産後の赤ちゃんに必要なものは?
  3. 産後のママのために必要なものは?
  4. 産後に必要なものをそろえるためのコツとは?
  5. 産後に必要なものに関するQ&A

この記事を読むことで産後に必要となるものを知ることができます。ぜひ、最後までお付き合いくださいね。

1.産後の入院中に必要なものは?

まずは産後の入院中に必要となるものをご紹介します。

1-1.産褥(さんじょく)ショーツ

産褥ショーツは出産直後の悪露(おろ)に対応するために使います。股の部分が開閉できるようになっており、ショーツを脱がずに診察・産褥パッドの交換を行えるのが特徴です。入院中はしばらく使うことになるので3~4枚あると安心できます。なお、帝王切開の型は脇オープンタイプがおすすめです。

1-2.産褥パッド

生理用ナプキンによく似ていますが大きく厚く、どちらかといえばおむつに近いパッドです。2~3袋ほど用意しておきましょう。

1-3.産褥ニッパー

産褥ニッパーは産後に子宮を引き締めたり骨盤を矯正したりするために使います。

1-4.母乳パッド

母乳パッドは肌着・衣類が母乳で汚れないようにするためのものです。乳房・乳首の保護効果もあるでしょう。くり返し使用できる布タイプと使い捨ての紙タイプがあります。布なら1~2個、紙なら3~4箱ほど用意しておくと安心です。

1-5.授乳口付きシャツ

授乳口付きシャツはバスト周りの生地がめくれるようになっているシャツです。服を脱がずに授乳できます。

1-6.ウエストニッパー

ウエストニッパーはウエスト・腰部などの補正に使うもので、悪露が落ちついたころから着用が可能です。ただし、帝王切開で出産された方の場合は、必ず主治医に相談してから使うようにしましょう。

1-7.リフォームガードル

リフォームガードルは産後に崩れがちなウエストのシェイプアップやヒップアップの効果があります。

1-8.授乳クッション

授乳クッションは授乳を楽な姿勢で行えるクッションです。授乳は意外と腕や肩に負担がかかるので、とても役立ちます。

2.産後の赤ちゃんに必要なものは?

次に、産後の赤ちゃんに必要となるものをご紹介します。

2-1.赤ちゃん用の衣類

赤ちゃん用の衣類は多種多様です。すべてをそろえる必要はありませんが、以下のようなものは最低限用意しておくとよいでしょう。

  • 短肌着
  • 長下着
  • コンビ肌着
  • ロンパース
  • カバーオール
  • スリーピング
  • バギーオール
  • ベスト
  • ソックス
  • よだれかけ

2-2.ベビーケアグッズ

赤ちゃんは言葉をしゃべれないので、親がしっかりとケアをしてあげることが大切です。以下のようなケアグッズを用意しておきましょう。

  • 汗取りパッド
  • おくるみ
  • ミトン
  • 爪切り
  • 綿棒
  • ベビーローション
  • 体温計
  • 鼻吸い器

ミトンは赤ちゃんが爪で自分の肌や目を傷付けないために使います。また、鼻吸い器は赤ちゃんが鼻水を吸うことができないため、代わりに吸ってあげる器械です。

2-3.おむつ類

  • 紙おむつ
  • おしりふき
  • おむつカバー
  • おむつ用ゴミ箱

おむつ用ゴミ箱は消臭効果や密閉機能があるので、おむつの嫌な臭いから部屋を守ってくれます。

2-4.お風呂グッズ

  • ベビーバス
  • 湯上がりタオル
  • 湯温計
  • ベビーソープ
  • ベビーシャンプー

ベビーバスは生後1か月ごろまで使う赤ちゃん専用の浴槽で、空気式やプラスチックタイプのものなどがあります。

2-5.授乳グッズ

  • ほ乳瓶
  • ほ乳瓶用乳首
  • ほ乳瓶ブラシ
  • ほ乳瓶用洗剤
  • 粉ミルク
  • ほ乳瓶の消毒用品
  • ほ乳瓶ハサミ
  • 調乳ポット
  • ほ乳瓶ポーチ
  • 搾乳機

調乳ポットは調乳に最適な温度で簡単にミルクが作れるので便利です。また、搾乳機は母乳の量を増やしたい場合などに使います。

2-6.寝具

  • ベビーベッド
  • お布団セット
  • 毛布
  • タオルケット
  • ベビー枕
  • カバー
  • フィッティングシーツ
  • 防水シーツ
  • キルトパッド
  • メリー
  • スウィングベッド&チェア
  • バウンサー
  • ベビーモニター

ベビーベッドを使わない家庭もありますが、ベビーベッドを使うことで床のホコリ・ダニから赤ちゃんを守ることができます。また、赤ちゃんのお世話をする際に立ったままでできるので、腰の負担が小さいのもメリットです。

2-7.お出かけ用品

  • チャイルドシート
  • ベビーカー
  • 帽子

帽子は夏の日差しから赤ちゃんを守ってくれます。言葉がしゃべれないだけに、赤ちゃんの熱中症は危険です。熱中症対策として必ず用意しておきましょう。

3.産後のママのために必要なものは?

この項では産後のママに必要となるグッズをご紹介します。

3-1.ガーゼハンカチ

よだれ・ミルクなどの吐き戻しをふくときなどに使います。さまざまな場面で使えるので、何枚あっても無駄にはなりません。

3-2.抱っこひも&抱っこひもケープ

抱っこひもは外出時の必須アイテムです。赤ちゃんを抱っこしたまま手が自由になるので活動しやすくなりますし、腕や肩の負担を軽減します。また、自宅でも赤ちゃんをあやす際にも役立つでしょう。また、抱っこひもケープは抱っこひもに取り付けて使うケープです。冬の防寒対策としてぜひ活用してください。

3-3.ママコート

ママコートは抱っこひもで赤ちゃんを抱いた状態でも着ることが可能なコートです。冬の防寒対策に取り入れてみてください。

4.産後に必要なものをそろえるためのコツとは?

次は、産後のグッズをそろえる際に押さえておきたいコツをご紹介します。

4-1.すべてを一度にそろえる必要はない

これまでご紹介してきたように産後に必要となるものは多種多様です。これらを一気に集めようとすると大変なので、現時点で何が一番必要なのか、優先順位を決めて順次そろえていくとよいでしょう。

4-2.必要と感じたときに買う

何でもかんでも必要な気がして購入してし、結果、後悔してしまう方が後を絶ちません。たとえば、部屋のスペースが狭いのにジャングルジムを買ってしまったり、気がせいてランドセルを買ってしまったりするケースです。子供の成長とともに、必要になったときに必要なものを購入するようにしましょう。

5.産後に必要なものに関するQ&A

最後に産後に必要なものに関してよく寄せられる質問とその回答をご紹介します。

Q.悪露とは何ですか?
A.悪露は子宮から排出される分泌物(血液など)のことをいいます。

Q.赤ちゃんの服やタオルを選ぶ際の注意点はあるでしょうか?
A.赤ちゃんの肌はデリケートなので、できる限り柔らかい素材(コットンなど)のものを選んでください。また、アレルギーを起こす原因になることもあるので、化学繊維のものは使わないことをおすすめします。

Q.ママと同じ布団で寝かせるのはダメですか?
A.赤ちゃんは体温が高く寒がりなので、親と同じ布団で寝るとすき間が多く寒さを感じてしまうことがあります。また、寝返りで赤ちゃんを押しつぶしてしまうリスクもありますから、なるべく赤ちゃん用の寝具で寝かせてください。

Q.最低限必要なベビー服は何ですか?
A.短肌着・コンビ肌着の重ね着にプラスアルファで、季節ごとのベビー服を用意しましょう。春・秋ならドレスオールの重ね着、肌寒いならさらにベストもあると安心です。夏は汗お部屋内なら短肌着かコンビ肌着のどちらかで十分ですが、冷房を効かせているときはしっかりと重ね着させましょう。外出時には薄手のドレスオールを着せてあげてください。
冬はドレスオールとベストを肌着の上に重ね着させましょう。なるべく温かそうな厚手の生地を選んでください。外出時はスリーピングやバギーオールなどの防寒着を重ね着させましょう。

Q.産褥パッドなどの産後グッズはどこで購入すればいいのですか?
A.基本的には入院先で購入可能ですが、育児用品専門店や薬局などにも撃っています。また、インターネットで購入することも可能です。

まとめ

今回は産後に必要となるものについてご紹介しました。産後には目が回るほど多くのものが必要となります。計画を立てて購入することが大切です。自分では難しい場合は、産院の医師や看護師の方などに相談するのもよいでしょう。生まれてきた赤ちゃんのためにも、しっかりと必要なものをそろえてくださいね。

そのカテゴリーで訪れる価値のある場所
遠回りしてでも訪れる価値のある場所
そのために旅行する価値のある場所