妊娠初期

妊娠初期に現れやすい
症状と3つの対処法。
マタニティライフを快適に!

「もしかしたら妊娠しているかも」「自分が妊娠しているか早く知りたい」というその気持ち、よく分かります。妊娠の初期症状は、生理前や風邪を引いたときと症状が似ているため、判断するのが難しいのです。しかし、お酒や薬を控える目安にするためにも、できるだけ早く妊娠の兆候を知りたいところでしょう。この記事では、妊娠初期の症状について、その仕組みや放っておくと危険な場合などをまとめています。

妊娠初期の方や初期症状を見分けたい方は、ぜひこの記事を参考にしてみてください。

01. 妊娠初期症状について

まずは、妊娠初期症状がいつから起こるのか、その症状や仕組みについて紹介します。

1-1.妊娠初期症状が現れるのは「生理予定日の1週間前」から

妊娠を望む女性にとって、生理前のちょっとした体調変化にドキドキしてしまうものですよね。そもそも、妊娠初期症状はいつごろから現れるものなのでしょうか。
排卵が起こるのは、生理予定日から14日前くらいの時期です。このとき、精子と受精すると受精卵が誕生します。その後1週間ほどの時間をかけて受精卵が子宮に到着し、子宮内膜に着床すると妊娠成立です。
つまり、生理予定日の1週間前くらいには、妊娠の兆候が現れる可能性があるでしょう。

1-2.個人差がある妊娠初期症状

妊娠初期症状には個人差があります。症状の程度が軽く、変化に気づかない人も多いでしょう。
主な妊娠初期症状には、以下のようなものがあります。

  • 微量の出血
  • 胸が張る、痛くなる
  • 身体がだるい、眠い
  • おりものが変化する
  • 下腹部痛が起きる
  • 頭痛がする
  • 頻尿、便秘、下痢になる
  • 味覚、嗅覚が変わる
  • 肌荒れが起きる
  • 涙もろくなる
そのカテゴリーで訪れる価値のある場所
遠回りしてでも訪れる価値のある場所
そのために旅行する価値のある場所